うつ病で入院がベストなときもある【静かに心を休める】

環境を変えるのも大切です

看護師

まずは休養が必要です

うつ病を治療する場合、基本になるのは精神科の通院と自宅での療養です。しかし、場合によっては、入院して治療するケースもあります。自宅療養から入院への切り替えは、医師からの提案が主になりますが、一体どのような場合に提案されるのでしょうか。まず第一に、自宅で静養するのが難しい場合があります。家族が多く一人になるのが難しいような場合、静かに休息ができないこともあります。このように、静かに心を休めることが困難な環境の場合は入院した方が良いこともあるでしょう。一方、家族との関係性から、すすめられるケースもあります。たとえば、家族に治療のサポートを求めることが困難な場合や、家族の病気対する理解が得られていない場合などがあげられます。また、そもそも家族間がうまくいっておらず家族の存在そのものがストレスになっているケースは、一時的にでも離れて生活することが、治療の観点からも重要になるでしょう。逆に、家族が献身的にサポートするあまり、介護うつになってしまうこともあります。これらは、いずれも入院での治療が求められるケースといえるでしょう。さらに、患者さんがうつ病の回復期にある時期には、自殺行為などの危険性が高まることがあり、その際には手厚いサポートが必要となるため、入院の必要が生じます。日常生活の中で憂うつな気分を感じることは誰にでもあることです。それでも、普通は時間がたつにつれ気分が改善されるのが一般的です。しかし時間が経過しても一向に改善しないどころか悪化してしまう、さらには、普段の生活にまで支障をきたしてしまう、そんな状態が続くとうつ病と診断される場合が多いです。うつ病を特徴的な症状から分類すると、非定型、季節型、メランコリー型などがあります。非定型は、何か良いことがあれば気分が改善される、他人の批判に敏感に反応するなどの症状があり、過眠や倦怠感を伴います。季節型は、特定の季節にうつになり、季節の変化により回復するというものです。メランコリー型は典型的なうつで、たとえ良いことがあっても落ち込んだままで、過度な罪悪感、朝の落ち込みがひどいなどの特徴があります。さらに、産後うつや老人性のうつなど、おかれた状況により発症するものもあります。これらは、産後の子育てへの不安や緊張感、年をとることへの経済的、肉体的不安など、人生における様々なストレスが重なって発症するものです。これらの中にも入院が必要になるケースが考えられますが、患者さんによっては仕事や家事が気になって「入院なんてとんでもない。」と思われる方もいるかもしれません。しかし、すべての環境から一端離れて、休養することはとても大切なことなので、医師のアドバイスのもと、一度入院を検討してみることも必要でしょう。

医者

通院治療以外の選択

医療機関は、うつ病の治療を得意としている精神科医がいるところを選ぶとより安心です。重症の場合は、入院治療の必要性が検討されます。入院となるとひと月18万円以上かかるので、様々な制度を利用して負担を減らすのも一案です。

詳しく見る

男性

不眠が続いているのなら

うつ病には不眠が伴い、不安症状なども出ます。しかし、本当にうつ病であるかどうかの判別は、専門医にしかできません。その中で、重度であれば入院が必要なケースもありますので、早期に精神科を受診することが大切です。

詳しく見る

カウンセリング

病院で行う精神病治療

症状が重いうつ病になった時は入院して治す場合がありますが、病院によって違いがあるので事前に確認しておくべきです。入院期間は一般的な怪我よりも長くなりやすいため、費用がどの程度かかるのか医師に聞いておくと困らずにすみます。

詳しく見る

聴診器

病院で治療することも

うつ病は通院治療がほとんどですが、病態や環境によっては、入院することもあります。基本的に、休養により症状を回復させることが目的になります。家族は、面会時や退院後に休養を邪魔するようなことがないようにサポートしていくことが大事です。

詳しく見る

人気記事

医者

通院治療以外の選択

医療機関は、うつ病の治療を得意としている精神科医がいるところを選ぶとより安心です。重症の場合は、入院治療の必要性が検討されます。入院となるとひと月18万円以上かかるので、様々な制度を利用して負担を減らすのも一案です。

詳しく見る

男性

不眠が続いているのなら

うつ病には不眠が伴い、不安症状なども出ます。しかし、本当にうつ病であるかどうかの判別は、専門医にしかできません。その中で、重度であれば入院が必要なケースもありますので、早期に精神科を受診することが大切です。

詳しく見る

カウンセリング

病院で行う精神病治療

症状が重いうつ病になった時は入院して治す場合がありますが、病院によって違いがあるので事前に確認しておくべきです。入院期間は一般的な怪我よりも長くなりやすいため、費用がどの程度かかるのか医師に聞いておくと困らずにすみます。

詳しく見る

聴診器

病院で治療することも

うつ病は通院治療がほとんどですが、病態や環境によっては、入院することもあります。基本的に、休養により症状を回復させることが目的になります。家族は、面会時や退院後に休養を邪魔するようなことがないようにサポートしていくことが大事です。

詳しく見る

Copyright© 2018 うつ病で入院がベストなときもある【静かに心を休める】 All Rights Reserved.